建売住宅の住宅自体の価格を出すために

建売住宅の価格はほとんど「土地代」だと思っていいでしょう。ですから、「あれ?ここの建売り、良い立地の割には価格安いな〜」と思ったら、建物の価格が安めだという可能性も高いわけです。もちろん、決めつけでは言えないところは大きいですが、しかし8割方はそう見ていいと言えるところはあるでしょう。

最も良いのは地元の不動産会社に行って、そこらの土地の価格を聞いてしまうのが良いのですが、なかなかそこまでの行動力も出ないものです。ですからインターネットでリサーチをして、おおよその土地代を出すという方法を取る人が多いわけですが、しかしながらそれでは非常にざっくりとした土地の価格しか出ないわけです。

そうなれば、どこでその住宅の善し悪しを見分けるのかと言いますと、それは住宅設備です。もちろん、資材や配管といった「見えない部分」も住宅の価格を出すために知りたいところではあるのですが、建売り住宅の見学会でそこまでの情報は得られないでしょう。

ですから住宅設備のスペックでその住宅の善し悪しを判断していくのです。高めの住宅設備が入っているかどうかで、住宅の価格を予想していくこともできますので。

PR|心の童話|女性の人生|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|アフィリエイト相互リンク|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|GetMoney|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|